た-くんの狂人日記

最近はほぼ読書日記(感想文との説も…)

「あ」は「い」より大きい!?、など

また記録忘れてたorz=いつ読み切ったか不明orz

*[読書]「あ」は「い」より大きい!? 

「あ」は「い」より大きい!??音象徴で学ぶ音声学入門

「あ」は「い」より大きい!??音象徴で学ぶ音声学入門

 

言わば 音とことばのふしぎな世界――メイド声から英語の達人まで (岩波科学ライブラリー) の続編のようだったが。

本書の冒頭にあった参考データ?はこれか:ひつじ書房2017 *1

サブタイトルに出ているwikipedia:音声学は、細かく分けると

  1. 調音音声学
  2. 音響音声学
  3. 知覚音声学

となるそうだ。

音象徴を通じて、音声学を楽しく学んでもらいたい 

 が本書の目的だそうだ。

こんな話もしてて:英語の意味が聴こえる; 音象徴の例 K、T、M、L: 日本語と英語をつなぐ これってwikipedia:ブーバ/キキ効果?と思ったら、あとの方で言及されてた。いろいろ流派?があるみたい。

なんか同じ人物でも、名前によって魅力度が変わる、ということはあるみたい。これは本当だった、ってことか:中島みゆき あの娘 歌詞

メイドさんは、サ行やタ行の破裂音がツンで、ラ行などの共鳴音は萌えの傾向があるんだとか。オラ、ようわからんけど。

物理的定義は「阻害音は口蓋内気圧が上がる音」「共鳴音は口蓋な気圧があまり上がらない音」*2だそうで。「物理」に反応してもうたorz

著者はアメリカ留学時代、Shiggy と呼ばれていたそうだ。敢えて和訳するとシゲちゃんだとか。

「理由はともかく覚えろ!」という教え方は、その学問の魅力を損なってしまう 

 一方で、最低限のことは覚えないと前に進まない、ということもあろうが。でも世の中のものごとには大抵(屁)理屈が隠れているもんだから、僕はそういう(屁)理屈を教えてほしいなぁ、と思う。いや、個人的に最近そういう経験があったもんでね。

そえばwikipedia:アイヌ語って濁音見たことないか(wikipedia:アイヌ語仮名)。

こんな法則もあるそうだ:ライマンの法則の違反(追記あり) - researchmap

wikipedia:変なおじさんの「なんだチミは」っていう奴は、

世界中の言語で起こっている音の変化を、彼は体現していた 

 んだそうだ。

こういうソフトもあるそうで:wikipedia:Praat

昔hatenaにid:doriaso さんがいたんだけど、こういう諺もあるそうだ:鶏は食ってもドリ食うな! 福島の鶏料理店【鶏や清兵衛】繁盛日記 - 福島の鶏料理居酒屋【鶏や 清兵衛】繁盛日記彼が生きてるうちに教えてあげたかったね。と思ったら、ここで活動中?

doriasoの日記 | スラド*3

こんなのもあるとか:鼻音化率測定装置 ナゾメーターII 6450 取扱商品|丸文

こんな話もあるとか:英語の意味が聴こえる; Pと「圧す」: 日本語と英語をつなぐ

日本語にはもともと「h」の音はなく、江戸のはじめころまでは「f」に近い音で、もっとずっと遡ると「p」の音だったそうです。 

 この人はこの業界の巨人?wikipedia:ロマーン・ヤーコブソン

これもね:wikipedia:モーラ

こういう話も研究中?聴覚刺激が味覚機能に及ぼす影響(PDF)

これもどっかで見かけた記憶あるなぁ:wikipedia:マガーク効果

という訳で、記録が追い付いてないorz

そして、これは読みかけ放置プレイorz

*[読みかけ]ライフ・オブ・ラインズ 

ライフ・オブ・ラインズ―線の生態人類学

ライフ・オブ・ラインズ―線の生態人類学

  • 作者: ティム・インゴルド,Tim Ingold,筧菜奈子,島村幸忠,宇佐美達朗
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2018/09/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 ラインズ 線の文化史の続編みたいだが。

ググってもようわからんが、"they" は官僚的なの?

哲学にもwikipedia:オブジェクト指向ってあるらしい。〈オブジェクト指向存在論〉最速入門01:対象とは?|motoaki iimori|note

という訳で、初めの方しか読んでないがorz

あとこれも上に同じ。

*[読みかけ]大地震の前兆をとらえた! 

大地震の前兆をとらえた!―警戒すべき地域はどこか

大地震の前兆をとらえた!―警戒すべき地域はどこか

 

 ま、十年以上前の本ですが。
wikipedia:東日本大震災震源域(の近く)に印がついているようなのを褒めるべきか、wikipedia:山形県沖地震震源域には影も形もないのを嘆くべきか。

 

*1:だからこーゆーのいっつも思うんだけど、出版社のページにリンク張ってそっちを紹介する、とかいう訳にはいかんもんかねぇ?今回は(多分携帯用の)短縮アドレスは載ってたが、これってPCで使えるの?

*2:わかりやすく言うと、濁点がつかない音だそうだ。

*3:虎場が飛ぶのかどうかは知らない。