た-くんの狂人日記

最近はほぼ読書日記(感想文との説も…)

「リベラルアーツ」思考

 図書館の新着本?

 なんか、これは大注目だったの?耳の悪い狂人としては、音楽関係はほとんどスルーだったもんで…:ジョン・バティステが語る新作『We Are』と音楽での抗議活動

 著者が敬愛するのはwikipedia:岡本太郎だそうだが、こういう著作もあるそうで:自分の運命に楯を突け|青春出版社 引用は、まぁ止めときまっか。こんなサイトも:岡本太郎の14個の名言・語録選から学ぶ哲学 - 鉄道プレス

 著者が言う「リベラルアーツ思考」というのは、

自由で、多元的で、主体的な考え方と行為

だそうだ。そもそも前著が美とリベラルアーツ 美意識を高め、創造性を育むで、ググるとこんなサイトもあった:美とリベラルアーツ | 美意識を高め、創造性を育む

格差社会とは、生まれながらに、その人の人生がほぼ決まっているという意味で、自由ではありません。

 吉田松陰語録|語録|御由緒・松下村塾|【公式】松陰神社|山口県萩市鎮座 明治維新胎動之地(語録38)

 こういうのも:wikipedia:コナトゥス

 三つのスキルが重要なんだと:【用語解説】コンセプチュアルスキル、テクニカルスキル、ヒューマンスキル | 組織活性化・人事労務ナビ

 wikipedia:中動態 といういか、中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)読まんと?こういう本もあるし:森は考える――人間的なるものを超えた人類学*1

 という訳で、序章は読んだんだが、読みたい本が出てきたので本書は読みかけ放置…本書も面白そうではあるんだが、図書館派の限界ですな…本屋通いを再開しようにも、今の居住地&勤務地ではあまり面白そうな本屋は見当たらなくてね…