た-くんの狂人日記

最近はほぼ読書日記(感想文との説も…)

ダークレディと呼ばれて

ダークレディと呼ばれて 二重らせん発見とロザリンド・フランクリンの真実

ダークレディと呼ばれて 二重らせん発見とロザリンド・フランクリンの真実

最近読んだ本(どれか、は忘れたorz)の広告から書名を知り、検索したら中央図書館/札幌市の図書館にあるようなので、とある月曜日*1、中心部に行く機会があったときに行って借りてきた。
DNAの二重らせん*2構造発見に関する裏話で、wikipedia:ロザリンド・フランクリンの伝記ですな。表題にある「ダークレディ」というのは、ワトソン、クリックと共にノーベル賞を受賞したwikipedia:モーリス・ウィルキンスがロザリンド*3を評して使った言葉らしい。
これによると、

日本では、個人の伝記はあまり売れないと聞く。

そうだ*4けど、本書も例外ではなく、amazon では中古が¥6,800 ですとorz(ちなみに定価は¥2,800)『ダークレディと呼ばれて 二重らせん発見とロザリンド・フランクリンの真実(ブレンダ・マドックス)』 投票ページ | 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコムにあるように、早くも絶版になったようだ。そしたら、汚したらエラいこっちゃ(そそっかしいオイラだけど、今のところ大丈夫。問題は、返しに行くとき、だ。明日、明後日は雨の予報だし)。
しかし、「長距離のウォーキング」って、「遠足」と訳しちゃダメなもんかねぇ?「壁のドローイング」は「壁画」だと思うんだけど?あと、マリー・キュリーとマダム・キュリーって別人なのかなぁ、それとも同じ人?そういう、翻訳の問題で指摘したいことはある。ま、もうほとんどあきらめたけど。

*1:昔は公共図書館は月曜日休み、と相場が決まってたけど、最近は開いてるんだよね。代わりに二週間に一度水曜日が休みで、行って後悔したことも何度かあるorz

*2:解説を書いてるwikipedia:福岡伸一氏は「ダブルへリックス」なんてカタカナ使ってるorz

*3:長ったらしくても、本人が略さずきちんとこう呼んでほしい、と希望していたらしいので。

*4:確かに(400ページ以上もあるし)、読んでて疲れるんだよな。